名古屋の葬儀担当者の触れた物語176

浅井真人

[カテゴリー:スタッフ日記 ] | 2018年04月02日

西田葬儀社の浅井です。

 

先日、古本屋さんにて大人買いしました。

以前にも話に挙げた漫画ですが「俺物語」全巻を。

男気溢れる高校生、たけおの話です。

たけおは体躯も大きく、見た目も豪快ですが誰からも好かれるとても良い男です。

ルックスがいいわけではないので、女性にモテるわけではありません。

たけおには親友がいます。隣にすんでいる砂川くん、通称スナ。彼は容姿端麗モテにモテますが

この男もたけおに劣らず中身までも良い男。彼女なし。

 

ある出来事がきっかけでたけおはある同い年の少女に恋をします。

少女も多分に漏れず、スナを好きになると思ったたけお。

三人で歩いている時に、工事現場の横で鉄柱が倒れてきます。

・・・おんなじ話しましたかね??まあ、もう一度聞いてください。きっと初めてです。

スナはとっさに少女をかばった。

たけおはとっさに鉄柱を支えた。並外れた力をもつたけおだからこその反応ですが、彼は思います。

「俺はここで鉄柱にいっちまうから王子様になれないいんだろうな。

でもいいじゃないか。彼女もスナも無事だったのだから」

 

ピンチを救うのがヒーローで当然スナはその役割でしょう。

でも根本的になにもない結果を生み出したたけおも劣らず、いやスナ以上にヒーローだと思います。

逆ではうまくいかなかった。スナに鉄柱は支えられない。スポットライトを浴びなくても

結果の為だけに純粋に行動できるたけおにこそ憧れます。

 

縁の下の力持ち。人はヒーローにこそなりたいものですが。

たけおのような人間がいなくてはきっと生きていく上での舞台は成り立たないのだと思います。

称賛なくとも結果の為に純粋に地道に努力を。社会においても変わらないと思います。

 


  • ブログのトップページ
  • ページトップへ