家族葬と、お誕生日

445A3362低解像度

[カテゴリー:スタッフ日記 ] | 2018年01月09日

こんにちは、西田葬儀社 メモリアルハウス平子 桜花の伊藤克美です。

 

徐々に、寒くなってきましたね~

寒さに身体がなれてきたものの、吐息が白いと、やはり滅入ります、、、、。

この冬、まだ雪は降っていませんが、

名古屋の場合、例年、1~2回の積雪日があります。

今日の雨も、とても冷たいです。

 

 

 

寒くても、暑くても、

お葬儀はあります。

平行して、出生もあります。

 

 

 

 

先日のお通夜の際に、お孫さんが

「明日は、じいちゃんの葬式だけど、ばあちゃんの誕生日なんだよね」と。

 

 

 

 

ご夫婦はどこまでも、ご縁があるのだなぁ、、、、、

と感慨深く思っていると

そのお孫さんから、ご相談。

 

 

 

【 ばあちゃんの誕生日会を、じいちゃんの葬式のなかでやりたい 】

 

 

 

 

 

「おかしな事を頼んでいるのはわかります。

でも、ばあちゃんの認知がひどくなってきていて、

自分たちの事も忘れてしまうかもしれない、、、、

だから、

皆が集まって、お祝いをした記憶を残したいんです。

無理ですか?」

 

 

 

すでに、ケーキはお孫さんが準備されていました。

 

 

 

では、お誕生日会を始めましょう!!!

 

 

 

 

 

「いつも、皆でお祝いをしてきたから、おじいちゃんにも一切れケーキをお供えして、、、、。」

 

 

201801071434000

 

 

 

 

 

 

 

そして、残ったケーキは、火葬後の休憩の際に、

ご親族が召し上がりました。

 

当然、主役のおばあちゃんには、一番大きく切り分けたケーキを ♡

 

201801071442000

 

 

 

きっと、おじいちゃんも、微笑んでいらしたのではないでしょうか?

 

 

合掌

 


  • ブログのトップページ
  • ページトップへ