Seasons of Love   ~葬儀社社員日記~

アイキャッチ蜷川psd

[カテゴリー:スタッフ日記 ] | 2018年01月12日

遅れましたが皆様新年明けましておめでとうございます。西田葬儀社の蜷川です。

 

今年も宜しくお願い致します。

 

平成30年、2018年になって、

 

「もう2018年か」と思う人もいれば

 

「やっと2018年になったか」と感じる人もいると思います。

 

時間というものは不思議なものですね。

 

この時間の不思議さについて

 

かのアインシュタインは、「時間は幻想である」と言っています。

 

幻想なら、人によってまったく違うものとして映るでしょう。

 

今日のブログはそんな時間をテーマにした一曲、「Seasons of Love」。

 

ミュージカル「RENT」の中に出てくる代表曲です。

 

 

 

さて突然ですが

 

「526000分」

 

と聞いて皆様は何を思い浮かべるでしょうか?

 

これの答えは、1年という時間の長さを分で表したものとなっています。

 

この曲ではこの526000分=1年という長さを

 

「一体どうやって計る?」という問いかけから始まります。

 

人によって時間の捉え方が違うのですから、正直計りようがありません。

 

インチやマイルで時間を計ることはできません。

 

夜明けの数や夕焼けの数で計りましょうか。

 

計れはしますが、何だか味気ない感じもします。

 

真夜中に遅くまで起きてた回数、コーヒーを飲んだ数、

 

笑った数、争った数で計りましょうか。

 

一体どうやって計りましょう…

 

という中、ひとつの提案が挙がります。

 

「愛で計るのはどう?」と。

 

 

 

今まで僕たちが過ごしてきた時間や、一年という節目を

 

愛という時間の単位、すなわち「愛の季節」(タイトルのSeasons of Love)

 

で区切っていくのです。

 

例えば木は一年という時間が経てば自然と年輪を刻みますが

 

人間の心は愛に触れるたびに、心の年輪を刻むのかもしれません。

 

時間は不確定なもので、何を使っても計りようがないのだから

 

だったらいっそ愛で計ってしまおうという感じが

 

ミュージカルらしくて素敵だなと思います。

 

一言で愛と言っても、いろんな愛があります。

 

与える愛、与えられる愛、無償の愛、無差別の愛、

 

家族愛、師弟愛、親子愛、友人愛、恋愛…

 

この世界にはいろんな愛が飛び交っています。

 

どうせ同じ一年という長さの期間を過ごすなら

 

できるだけ多くの愛の季節を巡りたいものですね。


  • ブログのトップページ
  • ページトップへ